破産管財人の権限や調査とは?自宅訪問や通帳はみられるのか?

借り入れしたお金がどうしても返済できなくなった場合、その解決手段として自己破産という方法があります。

裁判所に申し立てて認められることによって自己破産を行うことができ、借り入れしたお金は返済しなくてよくなります。

ただ自己破産が認められた場合、裁判所から監視の目が向けられることになり、その役目を果たすのが破産管財人です。

破産管財人は、裁判所から依頼を受けて、自己破産をした人の破産手続きをスムーズに行う専門家のことです。

 

※私が自己破産をしたときは、破産管財人というものが存在することすら知りませんでした。ですから自宅へも破産管財人からも何の連絡もありませんでした。
依頼した弁護士にすべて任せておけば、悪質な自己破産申し立てでない限り上手くやってくれると思います。

 

専門的な知識が必要なため、弁護士の資格を有するものが多く、裁判所からは破産処理を行う権限を与えられています。

そのため自己破産をした人の自宅訪問をすることも財産調査の一環として行われており、郵便物をチェックしたり通帳をチェックされることもあります。

自己破産を申請して破産管財人が調査に訪れたとき、浪費行為をしていたことがばれたら免債決定が出ない場合もありますが、免債決定が出ないことはほとんどなく、破産管財人が自宅訪問をする可能性もかなり低いです。

その可能性はゼロではありませんから浪費行為は控えるようにすることが必要です。

破産管財人に自宅訪問をやめてほしいと考えて自分が依頼した弁護士に依頼することはできますが、破産管財人は裁判所から調査をする権限を与えられていますので、異議申し立てをしても認められないことがほとんどです。

破産管財人が調査をしにくる目的は、隠している財産があるかどうかですから、隠している財産がなければ不安に感じることもありませんし、堂々と調査を受けるようにします。調査対象としては、自宅訪問をして自宅に高額な品物はないかどうか、さらに預金通帳やカードの有無、そして年金を受給しているときは年金手帳などを調べられることが一般的です。

自己破産をしたときは、裁判所の決定に従って処理をしなければならないので、裁判所から権限を与えられた破産管財人を受け入れて調査を行ってもらったほうが、その後の処理もスムーズにいきます。