破産管財人によって自宅の任意売却が決定する場合の流れは?

破産管財人とは、裁判所によりえらばれ、裁判所の指導監督によって破産手続きにおいて破産財団に属する財産の管理や、処分する権利をもっているひとのことをいいますが、破産債権者に対しての弁済、配当の手続きも行います。

破産法によると、破産管財人は、破産の手続きの始まりによって破産者は、財産にたいし、管理処分権限を失います。その破産の権限が破産管財人に移るということです。

手続き以降は、自分の財産を勝手に処分することはできなくなります。破産財団に属する財産を管理したり、処分したりする権限があるということは、どのような財産が破産財団にあたるのかを調査する必要があります。

破産管財人は、財産の調査をしなければならないという職務があります。

また、個人んお破産の場合は、免責不許可事由、裁量免責に関連する事実調査をして、それにもとずき、裁判所にたいし免責に関係する意見をのべるという権限や、職務もあります。破産至った経緯や原因の調査や流れについて、破産管財人は、債権者に対して情報提供を行い、債権者んお理解を得なければなりません。たとえば、任意売却については、自己破産をすると任意売却での解決ができないと思っている方が多いです。

裁判所から、担保不動産競売開始決定の知らせがくると、すぐに引っ越しをしてしまうひとがいます。自己破産をしてしまうと、任意売却は出来ないとか、破産すると、処分するしかないと認識してしまいます。これは間違いです。任意売却することは出来ます。破産管財人が選任されても有利な任意売却が可能です。

自己破産には2つのケースがあって、財産がある場合は、破産決定の後、裁判所が、破産管財人を選任して、財産を換金して債権者に配分します。管財人は、法律のプロです。しかし、不動産売却のプロではありません。破産者が有利になるよう生活資金や、税金、滞納分の返済など、実務的な交渉が行われないことも多くあります。